국제, 북한, 기사, 안보, 칼럼

“韓日関係は北朝鮮という困難な子を懐胎した夫婦のようなもの…”韓米日同盟のための宿願の課題、韓日の過去と未来

Shinzo_Abe,_Moon_Jae-in,_Pence_in_Pyeongchang
PM Abe, President Moon, and  VP Pence during the 2018 PyeongChang Olympics. Photo=Wikimedia

韓日関係は北朝鮮という困難な子を懐胎した夫婦のようなもの…

キム・ドンヨン公開情報アナリスト

韓日歴史問題は、過去水洗期間持続されてき解けない問題だ。時折両国の関係は緊密が向くが、図過去の歴史問題がナオギマンすると再びずれなることを繰り返す。このような関係で、誰が間違っている、誰が問題なのか?その善し悪しを問い詰めるより、日韓が現在直面している関係が何なのかから究明するのが優先されるべきである。現在の状態を把握していない状態では、いかなる進展も成すないので、現在の状態の把握は必ず先決的に行わなければならない宿題だ。

筆者はこの日韓関係の現状把握をどのようにみるといい多角的に悩んだ。どうせ歴史的論争は無限平行線を走る対立である。なぜなら、双方が記録された歴史には違いがあり、そのような歴史に基づいた両国の国民は引き続き相手の完全な理解を成すはできない。韓国国民全体の人口と日本の国民全体の人口が向かい合って議論をすることができれば、おそらく、この問題が解けるかもしれない。おそらく、このような場が設けたら、その議論が数日がかかる、数年がかかるか、数百年がかかるかもしれない。

結局、今、日韓の状況の出発はヨクジサジから出発する。この”易地思之”を英語で表現すると、 “Put myself into your shoes”だ。この英文の表現を取得した理由は、この表現が “易地思之”(ヨクジサジ)を最もよく描写したものと考えているからだ。私相手の靴を履いて見なければならない。ここで、靴は、単にその着心地を言うのではなく、当事者が置かれていた状況で、私入って見なければならないということだ。ヨクジサジと、このようなものである。私の当事者の立場になって見なければなら知っているものであり、相互に理解できるものである。

韓日関係を複雑な学術的あるいは政治的な表現では、誰も簡単に理解できない。したがって筆者は簡単ですが、世界の人々がすべて共感できる隠喩(metaphor)で説明する。韓国と日本はまるで夫婦(夫婦、husband and wife)と同じである。韓国が妻であり、日本が夫である。ここで、なぜ韓国が女性と日本が男かという式の批判せずに見守ってください。

家庭の妻と夫が一緒に会って、最も重要な瞬間を迎えることになる。それはまさに出産である。夫婦が親になる転換点である。夫婦が親になる瞬間、これらの肩には、人生の責任感が加重される。この夫婦が親になる過程で、子の出産は必ず伴う状況であり、夫婦の両方に重要である。特に出産に臨む妻はこの瞬間は一生忘れられない記録がされる。人間は激しい苦痛の中で様々な感情を経験して、そのようなプロセスは、死ぬまで忘れられない部分である。これは出産をしていない男性も同じだ。軍隊を行ってきた男性が軍時代、自分が経験したトレーニングの苦痛は一生大事にするストーリーであると同じような脈絡だ。

ところが、妻が出産をする瞬間、夫を待ちわびて、探す。これは、人間だけでなく、動物も同じだ。夫婦で会っ子供の誕生は、最終的に家族という一つの共同体になっていく過程で、超常的な現象である。しかし、最初の子の出産に際して場合、30代の夫は、社会的に最も忙しく仕事に没頭している時期だ。このような中でどうしようもない業務で妻の初子出産過程をそばで守ってくれなかった。または産婦人科に向かっていたが、交通渋滞のために、あるいは他の事件事故でその瞬間を一緒にしないようにされる。

実際に、このような事例は、たまに韓国だけでなく、他の国の家庭でも通常見つけることができる。出産をそばで守ってくれなかった夫は生涯、妻から小言を聞く。自分が一番難しくて大変な時に配偶者がなかった疎外感と寂しさは脳裏にトラウマのように大事にされたからだ。これは忘れられなくて、消すことができない事件である。夫もその瞬間を一緒にしていなくて申し訳し、また申し訳ない。しかし、自分も遅くていくしかなかった、あるいはのなかった理由がある。上司の突然の業務指示、突然出張、交通渋滞など、さまざまな理由があることができる。

その後も夫婦は不和が生じるときは、奥さんは自分の最初の子の出産になかった夫の過去を指摘して小言をする。夫はそんな時、「ごめん、ごめん」と癒しみようと思う。しかし、自分の自分でも取り返しのつかない過去に無力感を感じ、当時の自分が直面していた会社の問題を理解してくれない奥さんが悔しい。また一方では、画家出たりして、妻の小言に疲れもある。
今、日韓関係は、このような夫婦関係と同様に行われている。まるでリスが回し車を回しているように、一種の和解と怒りのサイクルである。これは心理学で言う、まるで「Cycle of anger」とも似ている。暴力を行使する人が、画家解けたら、被害者を訪ねて謝罪して和解している。そして関係が回復される。そうするうちに再びいくつかの部分での摩擦が生じた場合、再緊張関係が発生して再怒る。それとともに再び被害者と加害者に分けられる。その後、腹を立てた加害者は再び謝罪し、関係が回復されるこのような過程は無限に続く。

葛藤の爆発 – >リンゴと和解 – >関係回復 – >摩擦発生 – >対立の爆発 – >リンゴと和解 – >関係回復
ここで言う怒る対象は、日本とだけ断定することだけをなく、問題や時期によって異なる場合がありますので、怒りのサイクルで加害者を日本や韓国とだけ断定せずに理解してほしい。ここで重要なことは、改善されない問題の繰り返しである。

韓日関係ははがしてたくても離すことができない夫婦関係と同じである。ある人は「離婚すると解決いいんじゃないか?」と反問するかもしれない。もちろん、実際の夫婦関係はそうすることができる。しかし、韓日関係は、地理的に近い隣国だから、離婚後もそのそばをぐるぐる回るしかない構造の限界がある。地球上で韓国と日本は地政学的にその位置を変えることができない。韓日関係がずれなるし、一日の朝に日本がハワイまで行くことができない。韓国が日の朝に、インドまで落ちることができない。二人の関係が良かった悪いた継続行くしかないパートナーであり、配偶者である。韓日関係は夫婦の間がずれても、各部屋を書くことができないということだ。その地政学的位置のために、双方が気分が悪くても、一布団を覆ってジャヤする、また一緒に直面しなければならそんな存在だ。

この日韓関係が夫婦関係の脈絡を共にすることには、もう一つの理由は、よりいる。まさに北朝鮮と存在だ。夫婦の対立も夫婦が参考生きる動機であり、生命の原動力は、子である。子の将来のために夫婦は、多くの場合戦うが、お互いの恥部を我慢与え、理解する。そして、子の前でだけは笑って仲の良い姿を見せようと努力する。日韓は、このような子のように一緒に気を使わなければなら存在がある。まさに北朝鮮ある。

韓国と日本が一緒に力を合わせ、北朝鮮の非核化を成し遂げなければならない。両国は、北朝鮮の非核化と武力挑発抑制という共通の目標がある。これらの共通の問題意識を共有する場で過去の問題は、大きな障害になることがない。障害になるとも、両国は共通の目標意識下肝っ玉が大きい思いやりを発揮しなければならない。どちらか一方が相手の欠点を指摘し始めたら、相手もその相手の欠点を指摘する。韓国のことわざに行く話ゴワヤ来る言葉きれいだという表現がある。私は相手を中傷したら、相手も私けなす悪循環は、簡単に止まらない。これまで両国は、このような致死し頑固な態度を続けてきた。

両側が誰が先とすることもなく、もう一度通大きく度入ってくれれば、きっと相手もその本気を感じ譲歩するものだ。これまで日韓は片側が通じ大きく譲歩をして行っても、相手がその通勤譲歩を最後まで皮肉っさて、再び態勢を急変してきた。 「ええと、私はこれだけ譲歩したのに、あなたは私を無視?」と再び譲歩を撤回した。多分このような状況が演出されているのは、明らかなのかもしれない。たとえ相手が私の心からの和解のジェスチャーを知らない与えても、もう一度譲歩し、またもう一度譲歩し、もう一度譲歩すれば、いつかはその心を理解することになる。これは見方をすれば、時間と労力の問題だ。夫人のしつこい笑いながら理解し、受け入れあげるみると妻が、たとえ小言を続けていても、次の日の夫の朝の食卓のおかずが変わっているかもしれない。妻も同様に夫の小言を聞いてくれて、会社で経験した苦情を議論するなら、仕事の後、家に帰宅する時間が早まるだろう。双方が誰よりデインベあるかを示す機会としなければならない。双方が誰より肝っ玉が大きい人なのかを示す機会としなければならない。

このような双方の肝っ玉が大きい理解は、単に国の首脳部だけを考えてなることはない。このような肝っ玉が大きい理解の出発は、国民一人一人に達成することができる。例えば、大きなサッカースタジアムで観覧客が一人二人ゴミを拾い始めると試合を終えた後も、競技場は、最初のように綺麗だ。すべての肝っ玉が大きい理解に参加する日韓の歴史問題はもはやどちらか一方の問題だけではない。両国が互いに握手をして和合の拍手を打ちに、私は差し出した手が恥ずかしくないように受け止めてくれる相手の手が出なければならず、両手がすべて当接必要大きな拍手音を出すことができる。

夫婦は一生を共にする仲間だ。死んでも再び会うのが夫婦だ。夫婦の縁を訳もなく百年を結ん(百年佳約)だ約束と呼ぶだろうか?私は今、一緒に住んでいる夫と妻がどうしてこの広い宇宙で会うことができただろうか。韓国と日本は歴史的に戦争を経る祈りましたが、多くの歴史的な部分を共有している。このような伝統的、文化的な類似性は、全世界的に珍しいものである。生きていれば夫婦が戦うことができる。しかし、子を捨ててまで離婚することができない場合は、一緒に幸せに束は方法を模索するのが賢明な解決である。日韓という夫婦が一緒に結束するとき、実に韓米日同盟という大きな実を成すいる。全世界的に同じ地域の連帯が構築されていないところは見当たらない。例えばEU、NAFTA、SEATO、ANZUSなどである。北東アジアで韓国と日本は、水と油のように使えば混ざらない唯一の国である。今お互い団結する時が来た。特に、北朝鮮の非核化が予想より厳粛な節目を迎えている。 早速、日韓関係が団結してこそ米国も北東アジア中心のインド – 太平洋戦略を強固にすることができるだろう。

답글 남기기

아래 항목을 채우거나 오른쪽 아이콘 중 하나를 클릭하여 로그 인 하세요:

WordPress.com 로고

WordPress.com의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Google photo

Google의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Twitter 사진

Twitter의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Facebook 사진

Facebook의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

%s에 연결하는 중