국제, 군사, 북한, 기사, 안보, 자동차, 칼럼

北朝鮮金正恩の新型指揮統制車両”スペック”世界初公開

-前例のない移動型ミサイル指揮統制所を公開した北朝鮮

-バスの中に座って全てのミサイルの軌跡を見守った金正恩

-指揮統制車両と移動式発射台の通信システムを分析すべき

-移動式発射台(TEL)と組み合わせた移動式指揮統制車両

-指揮統制車両は2016年プルモデルチェンジされた新型バス

-対北朝鮮車両の流入,対北朝鮮制裁の弱点が露出

control vehicle1
右側の赤い円の中に金正恩(キム·ジョンウン)専用ミサイルの指揮統制車両が見える。 写真=朝鮮中央放送キャプチャー

金ドンヨン 公開情報分析家/前月刊朝鮮記者 (前韓国空軍将校)

この8月6日、北朝鮮は異例的な試験発射を行なった。 いわゆる’北朝鮮版イスカンデル’として知られた戦術誘導弾渡米、ミサイルを発射した時だった。 当時、北朝鮮は平壌上空を横切る発射軌跡で目標物に決めた島を命中させた。 当時、打ち上げを見守った金正恩の姿も異例的だった。 彼は過去のように外部から望遠装備などで見ず、移動式車両の中ですべてのミサイル発射の過程を見守った。 当時、該当車両についた場面は極めて制限的だった。 ほとんどの写真は彼が車の中で、北朝鮮の参謀たちと打ち上げの成功に喜ぶ姿だった。

金正恩が、ミサイル発射を指揮統制(C2)した車両はどの車か? 該当車両はこれまで外部に公開されたことがない。 しかし、筆者が当該車両を綿密に分析した結果、車両の諸元などを追跡した。 該当車両はいわゆるて25人乗りミニバスに分類される車両だ。 国内では我々が接する村バスと類似した大きさの車両と見ることができる。 国内村バスは立ち席の乗客を含めて、11~15人乗り前後に改造されているが、車両の全般的な大きさは25人乗りと類似している。 国内では現代商用車で製造する’カウンティ’がこの等級に該当する。 つまり、北朝鮮のミサイル指揮統制車両も私たちの村バスのカウンティ級だ。

spoiler1
金正恩の指揮統制車両にはスポイラーが装着されている。

2018年中に中で北朝鮮に流入したものと推定

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)のミサイル指揮統制(C2)車両は、北朝鮮でよく目撃されるミニバス機種だ。 製造会社は日本トヨタの”コスタ(Toyota Coaster)”と推定する。 すでに北朝鮮で該当車種は簡単に目撃され,これに先立って習近平氏の訪朝の際,中国の随行員の移動にも投入されたことがある。 今回使用されたミサイル指揮統制車両はトヨタで2016年ごろプルモデルチェンジを宣言した最新型4世代コースターのモデルだ。

この言葉は、北朝鮮が2017年以降、該当車両を北朝鮮に空輸してきたという点だ。 2016年プルモデルチェンジを宣言した後、実際市場に十分な物量が流れるのは2017年半ばにだ。 車両の販売開始は2017年初めのことだ。 したがって、北朝鮮は2017年中旬以降、北朝鮮に向かったことを物語っている。 指揮統制車両に改造をするのに要した期間は少なくとも6ヵ月で見るのが業界の特性である。

つまり2017年半ばから2018年の間に、北朝鮮に流入されたと見ることが合理的な推定であろう。 2017年中旬までは北朝鮮に対する国際的な見方はよくなかった。 当時は、米トランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)を’ロケットマン’と呼ばれており、対北朝鮮制裁が強く作動した。 したがって、南北対話と米朝対話の糸口が見つかった2018年中に北朝鮮に該当バスが流入した恐れがある。 最初から北朝鮮はコースターモデルのうち最上級フルオプションモデルを購入したものとみられる。 この車両は、すでに中国市場での合弁会社である広州-トヨタ(GAC-Toyota)がある。 したがって、中国で車両をもたらした可能性が濃厚と見られる。 中国で販売名は万里トヨタコースターだ。

kju11
金正恩がC2車両の中から報告を受けている。

後輪6トン前後指揮統制車と移動が制限的

車両の基本スペック上の重さは5トン程度だ。 しかし、金正恩のミサイル指揮統制車両の場合搭載された追加装備によって推定重さは5.5~6.5トン前後と推定される。 該当車は,製作会社で当初供給するエンジンは,ガソリンやディーゼルエンジンなどさまざまだ。 ディーゼルエンジンラインナップの場合、排気量ごとに出力の違いが大きくて、魔力は100馬力前半から200馬力まで多様だ。 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)の車両はディーゼルエンジンと推定し、エンジンの主要パーツは中国を通じて供給されるものとみられる。 ちなみにトヨタは中国では合弁会社を通じて中国市場に進出している。 このため,中国を通せば,各種のパーツ供給は容易になる。

北朝鮮の特性上、中国から各種の部品を供給される点を勘案すると、金正恩の指揮車両は、中国のRA428ターボディーゼルエンジンを搭載したものと推定している。 当該エンジンはFCA 社のエンジンを中国が中国内で供給している。 推定馬力は150~180hp程度だ。 トヨタコースターは4輪駆動ではなく、後輪駆動車だ。 このため,制限的な馬力と後輪駆動で指揮統制を行うための険路周波には限界がある。 すなわち,北朝鮮の新型兵器体系が軌道型発射台(TEL:TransporterErectorLauncher)を基盤に動く反面,指揮統制車両は発射台対比移動が自由ではない。 総合すれば,ミサイル発射台は行けるが,指揮車両は行けないということだ。 これが北朝鮮の新型兵器体系の発射に影響を及ぼすかどうかは,追加的な分析を要する。 ミサイル発射台と指揮統制車両間の通信網連結の信頼性が重要に作用する部分だ。

cst1612_17_en_s
車両内部は189cmまで空間がいて、立ち上がっている可能性もある。 ●写真=トヨタグローバル

の指揮通信網は制限的機能

車両は指揮統制部と運転席が分離されている。 運転席側には,運転手のほかに金正恩氏を補佐·警護する人材が少数の搭乗が可能だと見ることができる。 車には各種通信装備および特殊ガラスが車両側面に装着されている。 ティンティングされたガラスでミサイル観測時にはブラインドと類似した形のカーテンを上げ,外を眺めることができる。 平時にはカーテンを下げて金正恩の搭乗有無を隠す。 セキュリティに敏感な金正恩の性格を考えれば,ガラスも防弾機能が搭載されていると推定する。

金正恩は,車内に装着されたスクリーンを通じてデジタル情報を見ることができ,望遠鏡を通じて肉眼で窓の外のミサイル発射過程を確認することもできる。 車両にはGPS及びグルロナス、衛星通信網(Sat-Com)、制限的C4Iシステムなどが搭載されたものと推定される。 車両全般の構成をもとに分析するとき,現在この指揮統制車両は車両に装着された別途のアンテナがないため,北朝鮮全域で活用することは難しそうだ。 平壌(ピョンヤン)をはじめとする基盤通信網が構築された北朝鮮内の主要都市でのみ,制限的に使用できるものとみえる。

タブレットも移動式指揮統制車両の一部

車両には4つの壁掛けモニターが装着されていて1つのタブレットPCがある。 車両に装着された通信システムは比較的簡素化されており,選択的な接続システムを使用すると考えられる。 これは車両が多数の通信網につながればなるほど,米国の情報網に捉えられる可能性がより高いからだ。 この16日、ミサイル発射の際は、金正恩氏は、当該タブレットPCを持って野外でミサイル発射過程をモニターした。 4つのモニターの中で左上モニターは目標物に対する映像を見せてくれたり、追加情報がある時に活用される。 左下段モニターも目標物打撃に対する映像を見せ,命中時爆破場面を見ることができる。 右上段のモニターは衛星情報などを通じた韓半島の全般的な進行状況と情報を提供する。 右下段のモニターはグラフを通じて発射高度と速度などの情報を提供するものと見られる。 タブレットではこの3~4つの情報を金ジョンウンが選択的に選んでみられるものと推定する。 装着された壁掛けモニターは韓国製モニターである可能性もある。

tcst1
日本トヨタの4世代コースター。 金正恩(キム・ジョンウン)のC2推定車両だ。 写真=Toyota Global

指揮統制車は最近のミサイル射は一時的な現象ではないという傍証

総合すれば,北朝鮮の指揮統制車両は北朝鮮が初めて披露したもので,このような車両まで製作したというのは,北朝鮮のミサイル発射が一時的なイベントではないことを代弁する。 今後もこの車両を活用することを暗示している。 必要のない兵器体系を開発するほど経済的事情の悪い北朝鮮が,このような車両まで開発したという点は,北朝鮮が今後もミサイル発射を続けることを意味する。 特に,同車両のユーザーは金正恩だけだ。 つまり,金正恩が見守る中でいつでも挑発を強行するということだ。 この車両に搭乗して、金正恩が対南攻撃を直接指示や参観する可能性も排除できない部分だ。 これは、逆説的に北朝鮮がこれまで進めた対南挑発の背後が金正恩であることを否定してきたのと軌を異にする。

cst1612_29_s
トヨタはコースターをモデルチェンジしながら,アワビに備えた車体強性を強化させた。 ▲写真=Toyota Global。

北朝鮮は,先の哨戒艦”天安(チョンアン)”沈没も北朝鮮が行ったものではないと主張してきた。 この車両を製作して実戦に活用しているということは,公式的にすべての対南挑発と攻撃の背後が金正恩自身であることを満天下に明言したことになる。 だけでなく、金正恩が、ミサイルに対する遠大な夢を持っているという証拠だ。 金正恩の指揮統制車両は2018年中に北朝鮮に流入したと推定され、この流入に助けてくれた国などに対する国際社会の追加制裁が必要に見える。 米朝対話中にも,相次いでミサイルを発射した北朝鮮は,再び対話の結末は北朝鮮の再挑発であることを示した。 このような反復的な悪循環を経験しながらも,北朝鮮との対話で全てを解決できるという考えは誤算であることが明らかになった。

답글 남기기

아래 항목을 채우거나 오른쪽 아이콘 중 하나를 클릭하여 로그 인 하세요:

WordPress.com 로고

WordPress.com의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Google photo

Google의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Twitter 사진

Twitter의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Facebook 사진

Facebook의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

%s에 연결하는 중